お客様の変化 運命の人 / ソウルメイトパートナー

あなたの隣の人は "運命の人" ですか ?

■ どんな人を好きなのかわからない

 

私たちは、大人になるに従って、

膨大な量の情報を受け取り、

無意識のうちに、様々な価値観を、

植え付けられてしまいます。

 

こんな職業の人だったら幸せになれる、

見た目はこんな人が魅力的、

この大学なら安心、、、など。

 

そして、それが自然に、

自分の価値観だと、

脳は思い込んでしまうんですよね。

 

 

「lowyer」の画像検索結果

 

 

しかし、条件は、

その価値観に見合った人だとしても、

出会って、デートして、

「好き」 と思えるかどうか ?

 

ここは、どんなに、

外側から植え付けられたとしても、

自分のものだとわかります。

 

年収も見た目も、

職業も理想通りだったとしても、

感情が動くとは限らないんですよね。

 

一例ですが、実際のクライアントさんのお話しです。

T子さん(40歳) は、結婚相談所を通じて、

職業、年収、見た目、年齢、家柄、、、

 

彼女にとって パーフェクト な男性と、

二度のデートで、スピード結婚したんですね。

 

周りの友人たちの結婚が早かったらしく、

焦りもあったとのことです。

 

けれど、少し遅れて結婚した彼女でしたが、

誰よりも、その結婚を羨ましがられたそうです。

 

夫は、家事も進んでやってくれるという、

非の打ちどころの無い結婚。

 

しかし、、、結婚後、

彼女の心は、孤独感に占領され、

満たされることがありませんでした。

 

 

「bed room」の画像検索結果

 

 

彼は、理想の夫でしたが、

愛し合っている実感が湧かない。

 

彼女を束縛しない代わりに、

帰宅しても、

笑顔ではあるようですが、

食事が終わると部屋に籠ってしまう。

 

夜は、ベッドに入るとスグに寝てしまう、、、

いわゆる、セックスレス で、

キスハグ も無いとのことでした。

 

 

「不安」の画像検索結果

 

 

そもそも、T子さんが、結婚を決めたのは、

彼の条件が揃い過ぎていたこと。

 

『これまで待った甲斐があった !』

『この人こそ "運命の人" だ』 

 

と、スグに結婚を承諾したんですね。

 

しかし、感情については、

『いつか、好きになるだろう』

と、後回しにしていたらしいんですね。

 

 

この周波数、バッチリと、

彼の方も同じだったのでしょうね。

 

 

自分の持つステイタスや家に惹かれていて、

感情を求めてこないT子さんは、

恋愛がめんどくさい彼にとって、

まさに、理想の妻だったわけです。

 

彼女は、ここまで来ても、

「誰にも言えない」

「恥ずかしい」

と、離婚は考えていないようでした。

 

セッション中のイメージングワークで、

彼女の子供の頃の、初恋の男の子が出てきました。

 

いつも、一緒に遊んでいて、

同じおもちゃを共有して使っていたり、

おやつを分け合ったりと、

欲張ることもなく、

笑顔の絶えない男の子のようでした。

 

T子さんは、ポロポロと涙を流し、

ようやく、ほんとうの感情に気付いたんです。

 

もし、次に、

"運命の人" はどんな人 ? と、

訊かれたら、迷わず、

「同じ価値観で生きていける人」

と、答えるとのことでした。

 

今、隣に居るパートナーが、"運命の人" なのかどうか ?

 

一緒に居るのだから、

もちろん、どんな意味にせよ、

ご縁のある人だと思います。

 

しかし、今世を生きていく上で、

ソウルメイトパートナー なのかどうか ?

 

純粋に誰かを好きだった頃を思い出してみると、

自分の気持ちが、わかるかもしれませんね

 

そこにこそ、

"運命の人"  のヒントが隠されているかもしれません。

 

私はここから、

いつでもあなたを応援しています。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

「運命の人に出会える体質を作る個人セッション」

ご新規様 《受付中》です。↓ ↓ ↓

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/7110

-お客様の変化, 運命の人 / ソウルメイトパートナー