ダメンズ

私の彼って、もしかしてダメンズ ? ② どうしたら良いの ?

■ それでも貴女は成長しています

 

さて、①の続きです。

 

 

ダメンズと一緒にいることは、

すべてが、マイナスなことではありません。

 

 

もし、あなたのパートナーが、

ダメンズだったとして (もしもで考えてみてください)、

どんなメリットがあるでしょうか ?

 

 

 

 

 

 

 

例えば。。。

 

。・。・。・。・。・。・

〇 飾らなくて良いから楽

〇 助けてあげてる感が心地好い

〇 普段ダメンズだから長所が目立つ

〇 自尊心を上げてくれる

〇 自分が居ないとダメだから離れない

。・。・。・。・。・。・

 

などなど。

 

 

しかし、

これはホントに浅い部分で、

実は、もっと大きなメリットが在るんですね。

 

 

先に言っておきますが、

もちろん、全員ではありませんよ。

 

 

そのメリットとは、、、

 

 

自分の潜在意識だけが知っている、

 

 

「学び」 と 「成長」 です。

 

 

表面上 (顕在意識) は、

 

「もう、こんな人嫌 !」

「もっと良い人見付けたい !」

「彼が変わってくくれればいい !」

「なんで私だけが、こんな目に !」

 

と、思っていることが多いですよね。

 

 

でも、振り返ってみれば、

彼から得たものも、

多いのではないでしょうか ?

 

 

それから、

 

 

ダメンズが自分の 「映し鏡」 であるなら、

そこから、「気付き」 を得ていきます。

 

 

 

 

気付いていくと、

ダメンズを引き寄せたり、

ダメンズを育成しなくなるんですよね。

 

 

「映し鏡」 を見てると、

ようやく、

自分自身にフォーカスするようになり、

「自己価値」 を上げなければ、、、

 

 

と、気付いていくんですね。

 

 

そこで、

お別れを選ぶのも1つの選択です。

 

逆に自分の 「自己価値」 を上げることで、

相手が変わるという 「奇跡」 は、

大いに有り得るのです !!

 

 

別れようと続けようと、

自分に焦点を当て自分が変わることは、

1つも損が無いんですよね。

 

 

これって、ダメンズ達が、

気付かせてくれたと言っても、

過言では無いのです !

 

と、すると、、、

 

■ 彼らは、ある意味、「運命の人」 だったんですよね。

 

だから、もし、あなたが、

ダメンズ引き寄せ体質であっても、

ダメンズ育成体質であっても、

落ち込む必要は無いのです。

 

 

優しくて母性が強い人ほど、

ダメンズを愛してしまうのですから。

 

 

それでも一人で、

解決が難しかったら、、、

 

 

是非、木村めいこの、

《個人セッション》 を試してみてくださいね。

-ダメンズ